トルコ 雑貨の販売、お得なトルコの情報発信サイトのdocia(ドキア)です。

ホームトルコの歩き方 ~パムッカレ編~
パムッカレ

 世界遺産の一つで、山からの流れてきた温泉は石灰を含んでいたため、長い年月を経て土に石灰が混ざりそれが結晶となって温泉の流れたところが雪が降り積もったように真っ白の石灰棚になりました。パムッカレはトルコ語で「わたの城」という意味です。綿のように真っ白だからです。現在の観光のお客さんはこの石灰棚に裸足で入って歩きながら温泉と景色を楽しむことができます。



ヒエラポリス パムッカレの遺跡の入り口には、他にも二つ見学場所があり、手前の遺跡は「ネクロポリス」で 「ネクロ」とは無くなったという意味で、「ポリス」は町という意味の「お墓の町」という遺跡です。中には三種類のお墓があり、一般市民は石棺の形、お金持ちは家の形、さらに地位の高い人は古墳式のだったそうです。
 この遺跡の隣には、「ヒエラポリス」という「神聖な町」という名の遺跡があります。紀元後4世紀の町で、門とメイン通りが残っています。
遺跡プール

<温泉好きの方に>パムッカレのホテルには温泉が流れているところが多く、大きめのホテルになると温泉プールなどがあるところもあります。ここで、旅の疲れをいやしてみては?でも日本のように裸では入れませんよ!水着を忘れずに!!
 さらに、歴史を感じつつ温泉を満喫したいかたにおすすめなのが、パムッカレの遺跡駐車場奥にある「遺跡プール」です。温泉のそこには遺跡がごろごろと横たわっていて、遺跡と共に温泉を楽しめる一石二鳥のプールです。ただし、夏しか入れません!!
▲トルコの歩き方トップへ→トルコの歩き方~イスタンブール編~を見る
→トルコの歩き方~チャナッカレ編~を見る
※観光情報は今後追加していく予定ですが、希望のスポットやさらに詳しいことを知りたいことがありましたらお気軽にご連絡下さい。「お問い合せ」ページへ
※自分だけのオリジナルでトルコ旅行計画を立てる事ができます。詳しくはこちらから
▲このページのトップへ
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス